はらぺこおっち丸の日記

仕事をやめてひと休み中な私と、同居人まっちゃんの、ささやかな日常。

なべ禁止令

夕食後、ひと息ついた頃に事件は起こった。

今日の夕飯、美味しい鍋を楽しんだのは、先ほどアップしたブログの通り。
お腹いっぱい、満足な気持ちでソファでくつろいでいたその時。

お腹に激痛が走る。
叫びながらトイレに走る私。
驚く同居人まっちゃん。

トイレで苦しみ悶える。
やっべぇぞ!とか言ってる余裕もない。

上から下から、もう大パニック!

あまりの吐き気と腹痛に、うめき声を我慢できない!
いつになくハッキリした声で
洗面器!とさけぶと、
恐る恐る風呂桶を持ってきてくれたまっちゃん。

…時は流れ…

事態は収束し、私は真っ白な灰となってトイレからリビングに戻ったのであった。

実は、この事件で1番苦しみ怯え、傷ついたのは、まっちゃんらしい。
まっちゃんは、諸悪の根源を鍋だと認定し、我が家でのなべ禁止令を言い渡した。

明日の夕飯用に取っておいた白菜も、まっちゃんは怯えながら全て捨ててしまった。
(明日も鍋の予定だった)

今年の冬も鍋を楽しむぞ♪なーんてブログをアップしたのはわずか数時間前。
しかし、まっちゃんの心の傷が癒えるまで、我々は鍋を口にはできないのだろう…。

かなしー。