はらぺこおっち丸の日記

夫婦二人暮らし、ささやかな日常。

懐かしいもの、見つけた。

昨日は実家に泊まりました。

実家は自宅から徒歩10分強で行けるので度々行くのですが、泊まるのは久しぶりでした。

夜寝る前、自分の部屋の本棚をなんとなく眺めていたら、懐かしいものを見つけました。

百人一首 第一巻〜第四巻」

f:id:everydaypocoapoco:20170617162617j:image

小学一年生のときに学校で作った、百人一首を覚えるための小さいノートです(^^)

先生が百人一首の短歌を黒板に書いて、みんながこのノートに書き取ってました(^^)

1日2首ずつだったかな?授業としてではなく、朝の会か帰りの会でやっていたと思う。

 

中を開くと、かなり年季入ってます。小学一年生ということは23年前だから、そりゃ年季入るか(^_^;)

上の句があって、

f:id:everydaypocoapoco:20170617162758j:image

ページをめくると下の句。

f:id:everydaypocoapoco:20170617163334j:image

f:id:everydaypocoapoco:20170617163418j:image

 

100首め。

f:id:everydaypocoapoco:20170617163511j:image

f:id:everydaypocoapoco:20170617163618j:image

1首めと100首めを比べて、字はあまり上達しているようには見えませんが(むしろ雑になっているような…)、ノートの表紙の自分の名前は、4冊目だけ漢字で書かれていました(他はひらがな)。うん、成長してる(^^)

 

特に懐かしかったのはこれです!

f:id:everydaypocoapoco:20170617163553j:image

作者が、「ほっしょうじにゅうどうさきのかんぱくだじょだいじん」。

漢字で書くと「法性寺入道前関白太政大臣」。

子どもごころに、名前長すぎる、と思ったのを思い出しました。

書くの大変だったなあ…。

 

でもこれらの書き取りこそ、百人一首を大好きになるきっかけでありました。

本当に懐かしい(^^)

 

百人一首への思い。

百人一首とわたし - はらぺこおっち丸の日記

 

こんなブログも書きました…

1. 秋の田の - はらぺこおっち丸の日記

↑これ、「百人一首ブログ、第1回です!」なんて喜び勇んで書いているけど、これっきりになってしまった…

最初に張り切りすぎて、あとが続かないパターン…